SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

黄色い車でどこまでも…

しゃべる案山子と、しゃべらない案山子
 ひさびさの、【通勤途中の変な人】ネタ。

”しゃべる案山子”と言えば、

大好きな、伊坂幸太郎の作品に登場する

未来を予測する案山子の事で、

そのフレーズだけでドキドキする訳だけど、

普通、世の中に存在するのは、しゃべらない案山子。


通勤途中、駅までの線路沿いにある小さな畑に案山子が居る。
(案山子は人ではないから「居る」って表現もおかしいんだけど)

今朝は、その案山子に熱心に語りかけるオバサンを見た。

だいじょうぶだろか。。。

| 通勤途中の変な人 | 23:15 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
電車の中で…
目の前に座ったオッサン。

社会の窓が思いっきり開いてるよぉ(\_\;


@電車の中で更新
| 通勤途中の変な人 | 18:59 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
怖い怖い(笑
朝の電車で寝てる若いお兄ちゃん。
コートの裾が隣の席まではみ出しちゃってるから、そこに座ったオッサンがお尻でコートの裾を踏んじゃった。
そこで目が覚めたお兄ちゃん、コートの裾をグッと引っ張って、ついでに超怖ーい顔してオッサンをニラむ。
正面の席で見てた私「怖ぇ〜」とか思ってみたものの、そのお兄ちゃんの顔をよくよく見てみると、朝の歯磨きで落としそびれたような歯磨き粉の白い後が口のすみについている。

怖ーい顔してニラんでみても、顔に歯磨き粉つけてちゃ、怖さ半減だねー。
なーんて事は、怖くて言えませんけども。


| 通勤途中の変な人 | 17:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
凄いの見たよ。
昨日の帰りに凄いの見たよ。
電車の中で読書する、セーラー服着た…





おっさん!!




いやぁ。びっくりした。
古田新太似のおっさんがセーラー服姿で姿勢正しく座って読書してました。
短めの髪には赤いリボン。もちろんセーラー服のリボンも赤。

写真撮れなかったのがとにかく残念。
通勤途中で見かける変な人の中で、歯磨きオバサンに次いで衝撃的でした。

赤塚富士夫みたいになっちゃったけど、イラストにしたらこんな感じ。

セーラー服のおっさん
びっくりした。びっくりした。
| 通勤途中の変な人 | 12:17 | comments(10) | trackbacks(0) | pookmark |
気になる。気になる。
会社の近くのある場所で、いつも同じ方向をジィ〜っと見つめている男性がいる。

私が静岡に転勤になってちょうど2年が経つけど、お昼休みに外に出ると必ず見かけるんだよね。

雨の日も、風の日も、暑い日も、寒い日も、
どこを見ているんだろう?何を見ているんだろう?







ひょっとして…





UFOと交信してたり?







まさかねー。
| 通勤途中の変な人 | 12:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
電車の中から更新
電車の中で隣のオヤジがビール飲みだした(-_-)
ツマミまで食べてすっかりひとり居酒屋だよ。

なんかね新幹線とかなら飲むのも有りだと思うんだけど、通勤時の普通の電車でビールとかワンカップって理解できない(-_-;)

匂いだって気になるしさぁ…

家に帰ってから一杯じゃダメなの?

ってそんな事でイラッとしちゃう私の心が狭いのかなぁ。
| 通勤途中の変な人 | 18:00 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
電車の中のモンスター
帰りの電車の中、「開いてる席はないかなー」と探していたら、5歳位の男の子が自分の隣に機関車トーマスのリュックを置いてふんぞり返って座ってたの。
リュックを挟んでその隣にはその子のおばあちゃんらしき女性がいて、私に気がつくと「ほら、荷物どかして、席譲ってあげて」と子どもに声を掛けました。
まぁ、そこまでは普通の風景。
私は譲ってくれるモンだと思って、その子に「良いかな?(^^)」と声を掛けると、子ども「やだ!」とのたまいやがった。
しかも私の事を睨み付けてる。

こえー。。。

その後もおばあちゃんが「リュックを膝の上に乗せなさい」と言えば、
小僧「膝に乗せたら服が汚れる!」
おばあちゃん「じゃぁ下に置きなさい」
小僧「下に置いたらリュックが汚れる!」
おばあちゃん「もぅ。。。○○ちゃん〜〜」
小僧「うるせー!クソババァが!!」

もぅ呆れちゃって、席なんてどうでもいいやーって思ってると、
おばあさんがいささか恥ずかしいらしく「どうぞ座ってください」と席を空けてくれた。
って言ってもねぇ、年寄りに席を譲って貰えるワケないじゃないですか。

すると今度はその小僧、入り口の方を見て変な顔をするんで、その視線の先を見ると会社帰りのような男性が。
小僧「おとーさん♪」
偶然?父親登場です。
よっし!よく来た!席を譲る事も知らない自分の子どもを叱ってやれ!と、思ったら、
その男性、少し離れた優先席に空席を見つけてそこへ行ってしまいました。

えぇぇぇ????
叱らないの?

その後もおばあちゃんがなんとか席を譲るように優しく優しく促すんですが、その度に小僧は「うるせー!ババァ!」の連発。
そして離れた席に座った父親を連れて来いだの、自分が連れて来るからこの席守ってろだの、
お菓子を食べだしたら、そのゴミは全部おばあちゃんに無言で渡すし、ひどいひどい。

最初は呆れて腹立たしかったんですが、こんな幼くしてモンスターのように育ってしまった小僧がひどく気の毒に思えました。
このまま誰からもマナーや人を思いやる気持ちを教えて貰えずに、大人になっていくんだろうなぁ。。。
父親や祖母だけでなく、周りの大人も悪いと言えば私も同罪ですが、よそ様の子どもを叱って正してあげるほど私も善人じゃないんで。。。
| 通勤途中の変な人 | 07:32 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
困ったモンだ。
時期的なモノで、朝夕の電車の中は新人社員や学生(こちらも新人?)がいっぱい。
新しい環境にちょぃとテンション上がってるのか、とても賑やかにお喋りしてます。
ま、それは置いておいて、最近の女子って座っても足が閉じられないのはなんでなんでしょうねー。
先日もシートに座ってふと前を見ると地味目のスーツを着た女子2人が正面に座ってたんですが、
2人が2人とも、シートに浅めに腰掛けて、足はだらしなく開いちゃってる。
もぅね。ストッキングの切替の所が丸見えなんですよ。
角度によってはパ○ツも見えちゃう。あちゃー...(×_×)。

ホントはね、注意してあげたいんですよ。
私の隣のオッサンだって、きっと見えてるんだと思うんですよ。
でも、怖いんですよねー。
下手に注意して、逆切れされたらどうしよう...。
って思ってしまう小心者なんですよ。私。
てゆか、そんな事気にしなきゃいいんですけどね。気になっちゃって。
どうしたもんだか。
| 通勤途中の変な人 | 08:30 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
通勤途中の変な。。。
今回の通勤途中ネタは人ではなく事件です。

朝の電車の中でいつものように爆睡していると、「ガシャン!」という音と共に、座ってる椅子が大きく動いたんです。
咄嗟に「なに?事故?」と声を出してビックリしながらまわりを見渡すも、まわりはいつもと変わらない混雑した通勤電車内の風景。
何だろう?と不思議に思っていると、またも椅子がユラァ〜っと動きました。
私が朝使っている電車は座席が新幹線のように2列に並んだタイプ。
クルンと回して、4つの席が対面出来るようになるんですね。
で、「ガシャン!」の音は、回すためのロックが外れた音だったようなんです。
でも何で外れたんだろう?通路に立っている誰かが間違って踏んだか上げたかしたのかな?
なんて考えてる間も、椅子はユラユラ動くので足で踏ん張ってみたりしてたんですが、ロックが戻る気配も無ければ、隣に座っているオヤジが起きる気配も無い。
もぉめんどくさくなって、席を立ってデッキへと出てしまいました。

と、そんな事があったのが先週の金曜日。

今朝は、その席とは別の席に座って安心して寝ていました。
すると、またあの「ガシャン!」の音。
ハッと目を覚ますと椅子が動いてる!
今日は隣に座ってたオヤジが「あれぇー?」なんて言いながら戻してくれましたが、それでもロックが外れてるらしくユラユラユラユラ。
見ず知らずのオヤジと遊園地のコーヒーカップよろしく、仲良く揺られながら静岡駅に到着しました(--;

今月で静岡勤務も1年になるわけですが、こんな事って初めてなんだけど、
それにしても2度も連続であるって、偶然なのかなぁ。。。
| 通勤途中の変な人 | 13:50 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
通勤途中の変な人 vol.04
昨日の帰宅時、会社から駅へ向かって歩いていると、二の腕の辺りに後ろから何かが2度ぶつかった。
「ん??」と思って横を見ると、私のすぐ横をすり抜けていくオジサン。
「すごく元気に手を振って歩いてるのでぶつかっちゃったのかー」ってな程度に思ったんだけど、
そのままオジサンを見ていると、私の前を歩く女性にも同じように距離を詰めて歩いて、振った手をさりげなく二の腕あたりにぶつけていく!
そしてその前の女性にも!!!
しかもオジサン、男性の場合はスルリと避けていく!
「なにあれ!?確信犯じゃん!」と気付いた私。
「またやるようだったら、駅に沢山いる鉄道警察に訴えてやる!」と思って後を付けたけど、その先の通路は女性がまばらで、結局現場は押さえられませんでした。

その後、旦那君と合流してから事の次第を話したら、「軽い痴漢だよそれ。ダメじゃん騒がなきゃ」って言われちゃった。
確かに!全くもって旦那君の言うとおり!
って言っても騒げないよー。せめて気をつけよう。
| 通勤途中の変な人 | 00:03 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |