SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

黄色い車でどこまでも…

KAGEROU 読んだよ。
評価:
齋藤智裕
ポプラ社
¥ 1,470
(2010-12-15)

ミー

ハー

なんで、早速読んじゃった。

あのイケメン、水嶋ヒロの処女作でもって、
ポプラ社小説大賞受賞作って事で、
かなり注目されてたせいか、
いろんなところでレビューを見る限り酷評だらけ。

なんだか気の毒になっちゃうね。

私はそんなに頭が良くないので、
難しいこと考えずにスラスラ読めて、
まぁ、面白かったかな。
とは、思えました。

今までの小説大賞がどんな作品が受賞してたか知らないけど、
ポプラ社って絵本の会社のイメージだから、
こんなもんなんじゃない?




| | 14:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
雷桜
評価:
宇江佐 真理
角川書店
¥ 580

物語の中の情景の表現が素晴らしいと聞いて、
とにかく映画を見る前に読みたいと思い、手に取った【雷桜】。

ホントに素晴らしかった。
本を読み終わったら映画も見ようと思ったけど、
見る必要がなくなるほどの圧倒的な表現力。
そして、切ない物語に読後も思い出す度に胸が熱くなる。

普段なら、読み終わった直後にもう一度最初から読み返すんだけど、
冒頭の部分から切なくなって、カバンにしまいっぱなし。

読みたくても読み進められないなんてはじめてかも。
いつか1日中泣いても構わない日があれば、
タオルとティッシュを傍らに読みふけりたい。
そんな作品。



| | 14:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
通勤電車で座る技術!
最近読んでる本【通勤電車で座る技術!】

毎日の通勤電車の時間を、貴重な睡眠時間にしている私としては、
座れるかどうかは、1 日のテンションに関わる大事なこと!

なんてちょっと大げさですが、本のタイトル&手頃な値段に引かれて、amazonで思わずポチ。


実用性はともかく、始終ニヤリとしてしまう内容。
しりあがり寿のイラストもニヤリなポイント。


あ、実用性はともかくとか 言っておきながら、コレ、ブックカバー着けずに堂々と読んでたら、「座りたい!座るぞ!」という意思表示が無言のまま最大限に発揮出来て、座席をゲット出来るかもしれないですね。



万 大
かんき出版
¥ 800
(2005-03-23)
Amazonおすすめ度:
くっだらな〜い。でも、絶対にタメになる。
「目からうろこ」はナシでした
スマートに座席を獲得するためのワザ

| | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ついに。。。
 ダレンシャンが映画化されて、公開間近。。。

もぉもぉ。。。

なんで映画化なんてしちゃうかなぁ。


ハリポタみたいに、金の亡者的なシリーズ映画になっちゃったら、

胸がえぐられるほど、いやな気持ちになるよ。


あぁ。やだ。


ほんと、やだ。
| | 21:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
漫画。
最近漫画ばっか読んでます。

最初は映画の予習のためにDMC。
かなり笑える。
でも、子どもには見せられない(^^;

んで、GANTZ。
グロイわ、エロイわ、これも子どもには見せられません。
でも、オモロー。
だけど、後半グチャグチャでわけわかんねー。

そして、やっぱり映画の予習で20世紀少年。
最初は「いつ面白くなるんだろう?」って思いながら読んでたけど、
いやいやいやっ。超面白い!
どーしよ。かなりハマった。映画がたいした事無かったらガッカリするかも。

んで、20世紀少年繋がりで、MONSTER。
これも面白かったー。小難しいけど面白かった。
夢中になって読んでたら、知らない内に夜中になってました(^^;



凄いのねー。最近の漫画って。
| | 12:47 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
いさか
井坂幸太郎が直木賞選考対象から辞退したんだって。
時事通信社より:
 作家の伊坂幸太郎さん(37)が、昨年11月出版した小説「ゴールデンスランバー」(新潮社)について、15日に選考会が予定されている直木賞(日本文学振興会主催)の選考対象となることを辞退していたことが8日、分かった。
 同振興会によると、通常6月に候補作を決め、著者に受諾するかどうかを確認するが、今回は4月の予備選考の段階で伊坂さんから「今は執筆に専念したい」として辞退の意向が示された。

なんかカッコ良いなぁ〜。
色んな意見があるけど、個人的に大好きだから、大好きフィルターでカッコ良く思えちゃうよ。

今ちょうど、ゴールデンスランバー読んでる最中(S村サンに貸してもらいました。ありがとうございます♪)。
いさかの作品はどれもホントにカッコ良いし、おもしろい。
どんな賞をとっていようが、いまいが、好きな事にはかわりない。

| | 17:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
いさかがとまらない
死神の精度」面白かったですよー(@小説の方ね)。
短編集のはずの作品が、最後には全てのお話しがリンクする。
それが判る瞬間ってのは、ゾクゾクするような、胸がキュンとするような、何とも形容し難い感覚に襲われますね。

そして、今回もありました。
別の作品とのリンク。
今回は、「重力ピエロ」の春が作品中に出て来ましたよ。
そうすると、今度は「重力ピエロ」が読みたくなる訳です。
すると「重力ピエロ」には「ラッシュライフ」の黒澤が出てくるでしょ。
だから次はきっと「ラッシュライフ」を読みたくなる予定。

ぐるぐるぐるぐるリンクして、読めば読むほど「いさかワールド」から抜け出せないです。
抜け出せないついでに、映画も観に行かなくちゃだわ(^^)。
| | 17:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
いさか
死神の精度 (文春文庫 (い70-1))

伊坂幸太郎の著書が好きってのは、以前にも書きましたが、
貧乏性なので、基本的に文庫本しか買いません(^^;

死神の精度」も、読みたいなー、でもまだ文庫本出ないし…
なんて、先延ばしにしてたんですが、
先日、TVで「死神の精度」の映画のCMを見て、映画化されたなら文庫本あるかも!
と、書店へ行ってさっそく文庫本化されたモノをゲット♪
(2月に文庫本出てました(^^;)

今、ワクワクしながら読んでいる最中です。
ホントは寝る間も惜しんで読みたいんですが、勿体ないからねー(@やっぱり貧乏性)。

今度のお話が、また他の本の誰とリンクするのかなーって考えただけで楽しみ。
映画の方も金城武が死神役ってだけで楽しみ。
楽しみがいっぱい♪

| | 12:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
デセプション・ポイント
デセプション・ポイント〈上〉 (角川文庫)
デセプション・ポイント

たまたまカフェで隣に座った方が読み終わったとかで、譲って貰ったのがきっかけで読み始めた小説。

ダ・ヴィンチ・コードで有名なダン・ブラウンの小説です。
とってもタイムリーな事に、大統領選が軸になったお話。
それと、NASAの事やら、暗殺部隊やら、ノンフィクションなのかフィクションなのか判らなくなるような錯覚に陥る。
結構難しい内容だと思うけど、ダ・ヴィンチ・コード同様、知的好奇心を刺激されて、スルスルと読めました。
ってか、下巻に入ってからは続きが気になって気になって、寝る間も惜しんで読みました(^^;
(いつも爆睡してる電車の中でも寝ないで読んでたよ)

登場人物は、主人公のレイチェルをはじめ優秀な人ばかり。
もし映画化されるなら、キャスティングがとっても楽しみな作品です。
| | 12:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
×ゲーム
×ゲーム (幻冬舎文庫 や 13-6)
軽めのお話を読みたくて選んでみたのが、山田悠介の「×ゲーム」。
若者に人気のある作家さんで、今まで読んだ「リアル鬼ごっこ」や「親指探し」などは、とてもスピード感があって読みやすかったかな。
ウチの坊ちゃん&お嬢も、彼の作品が結構好きで、家族みんなで回し読みして学校のお友達にも回っていくからお得感がある(笑。
(でもその後、誰かに借りパクされて無くなってしまうから損?)

今回も、さらっと読めてそこそこ面白いのを期待してたんだけど、うーん残念。
かなり選択ミスだったかも。
スピード感は確かにあるけど、ちっとも面白くなかった。
てゆか、グロ過ぎ。
これは子どもには回せないなぁ。。。
残念。残念。。。
| | 12:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |